2014年05月27日

分身

子供が反抗期に入り、毎日バトルの日々です

昨日は旦那とも言い争いになり怒りが爆発しそうでした

こんな時は必ず飲んで逃げていましたが

家の中にはお酒はありません

2番目の母親は怒ると物に当たっていました

バタン!!!とドアを閉める音がすると

今日は怒ってるんだな、といつもビクビクしていました

そんな時は必ず父親とケンカをするからです

私はあんな母親にならない、と心に決めていましたが

同じようなもんです

怒りを抑えられず、紛らわすこともできない

「子供は私の分身です」と書きました

親にもらえなかった愛情を子供に注ぐことによって

自分も子供と一緒に成長しているつもりでした

子供を抱きしめながら自分の中の小さな自分も抱きしめていました

子供と一緒に自分の中の小さな自分も成長していきました

子供を愛せば愛すほど、「自分は愛されていなかった」

という現実を突き付けられます

悲劇のヒロインを気取っているわけでもなく

誰かを責めているわけでもありません

ただの現実です

苦しいこともあるけれど、今更誰のせいにもしません

苦しいと感じるのは自分の性格です

でも、お酒には逃げません

いつもありがとうございます

今日も飲まずに過ごします
posted by アリシア at 08:32 | Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わたしは親にしてもらえなかったことを息子に与えてあげればあげるほど、息子を羨ましく思い、そして、両親に対して憎しみの気持ちが溢れだします。
自分は愛されていなかったのだと思ってしまうのです。アリシアさんはだれのせいにもしないからえらいですね。わたしはダメ。どうしても親のせいにしてしまう。自分からは電話もしなくなりました。母親に「あんたには何もしてあげれなくって、悪かった。」と言われたけど、今頃言われても遅いのです。「あんたしか頼れる人がいない」と言われても、本当に迷惑です。
アリシアさんはお父さんとの関係はどうなってますか?
今日も飲みません。

Posted by かずみ at 2014年06月05日 14:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。